キャッシングより銀行の方が高い

みなさんは銀行からの借り入れについてはどういったイメージをお持ちでしょうか?

金利が安い、なかなか貸してくれない、敷居が高いといったイメージをお持ちの方が多いのではないかと思います。しかし今は敷居が低くなり、お金を貸したがりますが、金利は高いというのが現状です。

そもそも銀行は個人(消費者)にはお金を貸付しませんでした。基本的には個人から預金を集めて資金を調達し、企業に高い金利で貸付けて利ざやを得るのが銀行業務の基本です。

企業に貸付する場合はそれに見合った担保をとります。個人に貸付する時も基本的には不動産や預金、有価証券などの担保がなければ貸付しません。つまり絶対に損をしない方法で貸付をするので、金利は安く設定できます。ですから、個人で銀行から安くお金を借入れできる人は基本的に資産を持った人たちだけなのです。

一般の消費者が銀行から無担保で直接融資を受けることはほとんどできません。

しかし、銀行から借りたことがあるという人は意外と多いかもしれません。それは保証制度を利用した貸付があるからです。

この保証制度は貸付は銀行がお客さんに行いますが、連帯保証人として保証会社が付きます(カード会社、クレジット会社、消費者金融会社、あるいは保証専門会社など)。保証会社は保証料が収入となり、銀行は金利が収入となります(もちろんどちらも顧客が負担)。

万一支払いができなくなると、銀行は保証会社に立て替えて払ってもらいますので、それ以降は保証会社と顧客との関係になります。ここでも銀行が全く損をしない仕組みができています。審査を行うのも保証会社なので銀行はただ紹介しただけで金利をもらっているようなものです。

銀行でよく「おまとめローン」という名称で消費者金融の借入1本化を勧めていますが、これも保証料があるため実質年率は11〜15%程度で決して安くはありません。それであれば保証を行っているクレジットカード会社等に直接申し込んだほうが、保証料がない分絶対に安く借りることができます。

しかも審査は保証会社なので、銀行で承認が下りる方は直接申し込んでも承認が下りるのは間違いありません。
実際にクレジットカード会社のカードローンの金利は同じ300万を借りた場合では、半分近く安い商品があります。
銀行というイメージに騙されずに金利はしっかり確かめてから借りましょう。


トラブル対応

トップ>キャッシングより銀行の方が高い

サイトマップ