キャッシングの基本

キャッシングとはお金を借りることを総称していますが、特にカードを利用した手軽な借入のことを指します。手軽でない借入はどういったものがあるかというと、高額なため長期でないと返済できないようなものをいいます。

住宅ローン、教育ローン、改築ローン、オートローンなどは高額ですが、ある程度借入時期が事前にわかります。ですから事前にじっくり必要書類をそろえたり、場合によっては連帯保証人を探したりできます。こういったローンは目的が健全で証明できるため、金利も安く設定されています。

キャッシングの場合は使用目的が特定されず、極端な場合には生活費に使われるケースもあるので、前述のローンに比べ支払い不能となる確率が高いため、金利の設定が比較的高くなります。特に50万円以下の場合は所得証明も不要なため、金利設定は最高となります。

50万円を超える貸付には所得を確認するという規定があるため、ローンカードを作る場合も所得証明書や源泉徴収票の写し、金額に関わらず本人確認法により身分を証明するものの写しが必要となります。申込方法は各社いろいろありますが、この基本事項は必須となります。


トラブル対応

トップ>キャッシングの基本

サイトマップ