急な出費にキャッシング利用

キャッシングの基本は急な出費の場合に利用するということだと思います。

あらかじめ予定ができるローン(教育、リフォーム、オートローン等)については、カードによるキャッシングではなく契約書を作成して借り入れする方法をお薦めします。ゆっくり金利の比較ができ一番金利の低いカードローンの半分程度の金利で借り入れができるからです。

同じ急な出費でも次の給料日には返済できるような金額であれば、実質年率よりも「1週間無利息」等の制度があるキャッシングを利用したほうが安く済む場合があります。

50000円を28%で10日間借りたとして1週間無利息の場合は3日分の金利ですみます(金額で115円、実質年率に直して8%程度です)。もちろん最初から金利8%程度のカードローンであればよいのですが、金利8%のカードローンは誰でも持てるわけではありませんから、比較的誰でも持つことができるカードでお得な利用方法を考える必要があります。

急な出費で、ある程度まとまったお金が必要な場合は、リボ払を利用する必要があります。葬儀費用のように後である程度戻ってくるお金であっても、1回払いを利用するのは避けましょう。

何らかの事情で1回では返せなくなった場合信用に傷がつきます。確実に返せる支払い方法を利用することが大切です(1回払いでもリボ払にして一括返済しても、日割計算だとかかる金利は同じです)。

貸金業法では貸付業者は正当な理由なく返済を拒むことができません。つまりいつでも返済を受け付ける体制をとっておかなくてはいけないのです。キャッシングの利息は日割で取られますので1日でも早く返したほうが、金利負担は少なくてすみます。それと残高が多いほど金利負担も大きくなりますので、全額でなくても一部でも元金に充当することが大事です。


トラブル対応

トップ>急な出費にキャッシング利用

サイトマップ