キャッシングの金利

 キャッシングの金利については、申し込みをする前によく確認をしましょう。

お金を貸し付ける場合、業者には貸付金利の表示が義務付けられていますので、表示がない場合は法律違反となります。金利の表示がないような業者からは借り入れをしないのは常識です。

しかし、一部上場会社でも利息制限法の上限を超えた貸付金利で貸付しています。クレジットカードのキャッシング金利はほとんどの会社が、上限金利を超えたいわゆるグレーゾーン金利の範囲内で貸付を行っていました(各社は次々と金利を引き下げています)。

貸金業法の改正案が国会を通り、数年後にはこのグレーゾーン金利は撤廃されますが、それまでは出資法で認められた上限金利以下であれば刑事罰はありません。

しかし、わざわざ高い金利で借りて裁判を起こして払いすぎた金利を戻してもらうまでもありません。最初から低い金利で借りればよいのです。

従って、クレジットカードカードのキャッシングは基本的に利用しないことが大事です(各社金利を引き下げてきているので、最近はそうでもなくなってきましたが・・・)。

キャッシングを利用するのであれば融資専用のローンカードでキャッシングするのが、いちばん賢い借り方です。キャッシングは基本的に予期しない出費があったときに一時的に借りるというのが基本スタンスです(予期できる教育資金などは、国民金融公庫や銀行から借りましょう)。


トラブル対応

トップ>キャッシングの金利

サイトマップ