監査部門

監査部門はある程度の規模の企業には必ずある部署です。

内部監査部門で業務がルールどおり実行されているかどうかを検査して、ルール違反があれば改善させる部署です。大きな企業には内部監査以外にも外部監査を行うケースがありますいわゆる監査法人といわれる会社に監査を委託するのです。

外部監査では主に会計に関する監査を行いますので、監査法人は公認会計士とその卵の集団ということになります。監査法人が監査したにもかかわらず粉飾決算が行われていた会社もありますので、監査法人自体を監査する必要もありそうです(きりがないですが)。

内部監査担当はその業務内容からあまり若い社員は担当となりません。しかし最近では個人情報保護の監査もあり、端末機の操作ができないと話にならないことから、ある程度若い社員も担当になることもあるようです。

過去には退職間近な社員が担当し、長い職務経験を活かしてあら捜しをするのが一般的(?)でしたが、コンプライアンスの重視により重要な部門という位置づけになってきました。


トラブル対応

トップ>監査部門

サイトマップ