営業部門

信販系ではキャッシングだけではなくオートローンやクレジットカード、集金代行などの部門もあり多岐にわたっていますが、基本的な部分は同じです。

全国規模で営業を展開している会社がほとんどですが、事務処理や審査部門は独立させ、各支店は営業専門となっている会社が多いようです。各支店で事務処理や審査を行うよりは一箇所で集中したほうがスキルが高まる上、人件費の節約にもなります。

営業部門が行うことは下記に集約されます。
@各種カード会員の募集
A新規提携店、加盟店の獲得(カード以外も含む)
B新規カードの提携(全国的なものは本部で行います)
C既存加盟店のコンサルティングやフォロー

カード以外の事業では加盟店しだいで売上が左右されます(競合が多い)ので加盟店のフォローが中心になります。ファイナンス(貸金業)とクレジットカードは顧客獲得と既存会員の単価アップが中心となります。

特に各支店で行うクレジットカードの会員獲得は大変で、具体的に何をするかというと、休日などにイベント会場でクレジットカードの勧誘を行うのです。

派遣社員やアルバイトを雇うこともありますが、社員が行うことも多いようです。ファイナンス担当者も似たようなもので、イベント会場にこそ行きませんが、既存のお客様に電話によるアプローチを行い融資の勧誘をします。

カード以外の加盟店を回る営業マンも苦労は多いようです(外にいる分自由はありますが)。クレジット会社は数多くあるため、加盟店にとってはどのクレジット会社を使っても大差はないので、人間関係が重要になってきます。必然的に胃が痛くなるケースが増えるようです。

さて、あなたならどの仕事をやってみたいですか?カードを作ってもらうよりは作る立場の方がずっと気が楽ですね。


トラブル対応

トップ>営業部門

サイトマップ