審査部門

審査部門も集中化により専門部署での審査が行われている会社がほとんどだと思われます。

クレジットカード、ファイナンス、その他の事業と3つに分かれて審査を行っています。その他の事業はオートローンやショッピングクレジットの事業で加盟店から申し込みがあり加盟店に審査結果を伝えます。クレジットカードの発行もそうですがここでも審査結果報告までのスピードが求められます。

しかも、どちらかというと競合が多いため、加盟店の方が立場が強いことが多いので、審査結果の遅れは売上げ減少に即つながります(ここも胃が痛くなりそうです)。

ファイナンスとクレジットカードの審査は加盟店があまり関わらない分、気分的には楽です(却下されて文句の電話が来る数は、はるかに少ないのです)。しかしクレジットカードの審査については件数が圧倒的に多いため、1日中端末機を眺めて調査や審査をしなければならず、肉体的につらい部分があります。

私が審査を担当していた頃はあまりインターネット経由での申し込みは多くなかったのですが、たぶん今は相当数インターネット経由での申し込みがあると思います。これは申し込みを入力する担当にとっては楽になったのではないかと思います。

未記入がほとんどない上にワープロ打ちで申込書が記入されているため、読めない字が飛躍的に少なくなるからです(地方の地名はワープロ打ちでも読めない場合がありますが)。
自分の住所や名前は自分は見慣れていますが、初めててみる人のためになるべくカナをふってあげましょう。これが早いカードの発行につながるかもしれません。


トラブル対応

トップ>審査部門

サイトマップ