キャッシングと証書貸付

キャッシングは手軽で便利なところがメリットですが、高額利用の場合には金利が高すぎて向いていません。

今現在一番低い金利でも6%台後半ですが、数百万円が必要な場合にはかなりの金利負担となります。こういう場合にはやはりキャッシングではなく金融会社へ出向いて契約書を作成してお金を借りる証書貸付制度を利用しましょう。

目的が健全でそれが証明できる場合には金利が安い商品が利用できますし、連帯保証人をつけることにより融資が可能になる場合もあります(キャッシングには連帯保証人制度はありません)。


トラブル対応

トップ>キャッシングと証書貸付

サイトマップ