オートローン

オートローンに関してはさまざまな金融機関が取り扱いをしていて、一概にどれが有利ということは言えませんが、基本的には金融機関のオートローンが金利負担が軽い場合が多いようです。

しかし、クレジット会社のオートローンについては直接販売店と提携している分、有利な場合があります。つまり本来顧客が負担する手数料を、販売店がメインとする車種に関しては一部販売店が負担するケースがあるのです。

金融機関のオートローンは金利の他に保証料がかかるケースが多いので、金利に保証料が含まれているのか、別途かかるのかを見極めないと実質的な金利負担が大きく違ってきます。その点クレジット会社のオートローンはそのままの実質年率での負担となります。

クレジット会社のオートローン手数料がどのように決定されるかというと、提携している販売店(加盟店)との契約内容で決められます。つまりその販売店の考え方によって顧客負担が多くなるか、顧客負担を軽減して購入しやすくするかが決まるのです。

販売店(ディーラー)が手数料負担する場合には金利0%もありえます。オートローンに限らずクレジットの場合は、加盟店が手数料を負担することによって元金だけを分割で支払うケースもあるのです。


トラブル対応

トップ>オートローン

サイトマップ