教育資金

教育資金もお子様のいらっしゃる家庭では必要不可欠なものとなります。

人数や合格した学校、また地元でない場合にはかなりの資金が必要となります。これもやはり最初は公的資金の利用を考える必要があります。国民生活金融公庫での取り扱いが可能です。

公的資金では足りない場合は銀行や労働金庫などの金融機関から借入するのが一般的です。金融機関によっては不動産を担保に貸付する有担保の取り扱いをしています。

無担保に比べ1%程度は優遇されますので高額な借入になる場合は検討の余地があります。無担保でも5%未満の場合が多いので優先的に検討しましょう。

クレジット会社の無担保融資は目的が明確でも10%台であることが多いので、最終的に不足の部分を補う目的で借りるほうがよいでしょう。最初から検討すには金利負担が大きすぎます。


トラブル対応

トップ>教育資金

サイトマップ