リフォーム資金

自宅をお持ちの方は10年以上経過すると自宅の改装や改修を考えるケースも増えてきます。また、家族構成の変化により改装せざるを得なくなる場合もあります。

このリフォーム資金も高額であるためローンなどを利用する方が多いと思いますが、基本的には住宅金融公庫など国の低金利資金(4%未満)を利用することを考えるのが一番でしょう。

金融公庫の融資については年収の規定などが厳格に決められており対象にならないケースもあります。次に考えるのは住宅ローンの取り扱いある金融機関で担保設定を行って借りるという方法です。無担保で借りる場合よりは金設定が低くおさえられます。

しかし、ちょっとした手直し等あまり高額でない場合は無担保でも資金使途が証明できれば比較的低い金利での借入が可能です。

信販系のクレジット会社でも取り扱っているので、金利を比較してなるべく低金利のところから借入しましょう。


トラブル対応

トップ>リフォーム資金

サイトマップ