レイク売却続報

GEグループによるレイク(GEコンシューマーファイナンス)の売却は入札方式によるものとなりました。

この入札にはプロミス、アコム、アイフルなどが興味を示していますが武富士は参加しないようです。業界全体の取扱高が縮小していく中で生き残るには、少ない取扱高の中でのシェアーを広げる必要があります。そのためには規模を拡大し、合併によるメリットである経費の節減を図ることが必要です。

プロミスはすでに三洋信販との合併を発表していますが、それに続く業界再編製の目玉となる入札になりそうです。


トラブル対応

トップ>レイク売却続報

サイトマップ