信用情報の公開を活用

キャッシング・カードの申込をする前に審査に不安がある場合は、個人信用情報の公開を活用することをお薦めします。

客観的に自分の状況がわかり、より審査の通りやすい会社を選ぶことができるからです。(法改正が実施されるまでの期間限定ですが)

「系列による信用情報機関の違い」で紹介した信用情報機関全て(CRIN除く)にあなたの登録情報の公開を申請してみましょう。個人情報保護法により情報の公開が義務付けられていますので、本人であることが証明できれば情報は公開されます。

その情報が全てそろったところで、ネガ情報のある情報機関の会員になっていない会社に申込をすると審査の通る確率は上がります。もちろんそれだけで審査は通りませんので、収入面などがしっかりしていることが必要です。

しかし、明らかに審査が通らない会社に申込むということを避けることは重要です。信用情報機関には申込情報も登録されますので、何社にも申込しているとそれだけで却下率が高まるからです。

過去にトラブルがあってもすでに解決し、数年経過して収入も安定しているという自覚のある方はこの方法で申込してみてはいかかがでしょうか。やみくもに申込するよりは確率が高くなると思います。


トラブル対応

トップ>信用情報の公開を活用

サイトマップ