登録される個人情報の内容

個人情報は個人を特定する情報(基本情報)の他にも、個人信用情報といわれるものがあります。

基本情報とは下記の通りです。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 電話番号、メールアドレス等

これに対して個人信用情報はクレジットカードやキャッシングの利用状況に関する情報です。
つまり保有カードの利用残高、未払いの有無、遅れの回数などの情報のことを個人信用情報といいます。

個人信用情報機関へは個人の基本情報と個人信用情報を登録します。
この情報はその個人信用情報機関の会員となっている各社が共通に利用できる状況となっています。

つまり、1社で遅れが発生した場合、会員である他社にも情報が伝わり、審査に大きく影響することになります。 情報が伝わるタイミングについては各社の情報授受方法により異なります。

オンラインで情報を授受している場合と電磁媒体などで受渡しをしている場合で大きく違います。 大手はほとんどオンラインで授受していると思って間違いないとお見ますので、リアルタイムに近い状況でデータが反映します。

それ以外の場合でも1ヶ月以内にはデータが反映すると思って間違いありません。 しかし、データが反映することと他社がその情報を利用するタイミングは無関係です。 その関係については個人信用情報の利用のタイミングで詳しくお伝えします。


トラブル対応

トップ>登録される個人情報の内容

サイトマップ