キャッシング審査の流れ

キャッシング・カードやカードローンの審査の流れは下記の通りとなりますが、基本的には証書貸付と言われる融資と全く同じ流れとなります。

証書貸付の場合は貸付の都度、契約書を作成しますがカードローンは利用枠を設定して発行するため、カード発行後は借入を繰り返し行えます。その分若干審査は厳しくなります。

50万円を超える貸付を伴う審査には所得を証明する書類が必要となることも、キャッシング審査特有のものです。

  1. カードローン申込書の受付
  2. 申込書内容のデータを取り込む
  3. 年収や勤務先内容などの項目に応じて点数をつける(スコアリング)
  4. 本人への電話確認(申込意思、内容)
  5. スコアリングによって利用枠を決定。基準に満たない場合は却下。
  6. カード発行または却下状発送。

スコアリングの内容については各社それぞれ違いますが、基本的には収入が安定しているか(年収・勤務先内容)、過去の利用に遅れがないか、他社での利用状況はどうか(件数・残高等)と言った点がチェックされ点数化されます。


トラブル対応

トップ>キャッシング審査の流れ

サイトマップ