キャッシングの審査基準 年齢・家族構成

年齢や家族構成によって審査担当者がどういった判断をするのか、ポイントはどう違ってくるのか解説します。

基本的に年齢はあまり若すぎるとポイントは低くなりますが、それ以外では年齢だけでの判断は難しくなります。家族構成と組み合わせることによってある程度の判断が可能になります。つまり子供の年齢によって教育費用を考慮したり、独身であれば使えるお金(可処分所得)が多いと判断したりするわけです。

30代である程度年収があり独身であれば、支払い能力も高いと判断されますが、同じ30台でも子供に教育費がかかるようであれば支払い能力の評価は下がります。逆に子供が独立したような年齢であれば、先々にもお金がかかる要素が減りますので、勤務先によってはポイントが高くなるでしょう。

しかしここはポイントの配分としてはあまり多くなく、参考程度の判断材料と言えるでしょう。


トラブル対応

トップ>キャッシングの審査基準 年齢・家族構成

サイトマップ