キャッシングの審査基準 居住形態・年数

居住形態というのは住んでいる家屋が持家か賃貸かという点を重視します。

持家が安定していて評価は高くなりますが、住宅ローンがある場合には一概に安定しているとはいえません。しかし、アパートや賃貸マンションに居住していて、居住年数が短い場合には転居が多い可能性があり評価は低くなります。

審査担当としては住宅ローンがあっても持ち家の方が、転居する可能性が低くなるので安定していると判断します。そういう意味では家を代々引き継いでいる農家が一番安定しているといえるでしょう。

居住年数は単独では判断できませんが、持家でも短い場合は住宅ローンがあると判断できますし、勤続年数と居住年数が同じで短ければ転職と判断することもできます。複合的に判断する材料となります。


トラブル対応

トップ>キャッシングの審査基準 居住形態・年数

サイトマップ