キャッシングの審査基準 利用実績(他社)

同じ利用実績を判断するのでも他社の場合は若干意味合いが違います。

他社利用については良好な利用実績よりもネガティブな情報に重きを置いています。つまり他社の利用で遅れがないか、借入が多くないか、クレジットカードやローンカードの申し込みが短期間に集中していないか、などの情報を確認することが目的となっています。

つまり他社情報では自社の情報だけではわからない、隠れたマイナスの情報がないかどうかを中心にして調査します。他社での利用状況は良いにこしたことはありませんが、残高が多く残っていると逆にマイナスに作用しますので、あまりプラスには作用しないケースが多いです。

最近では信用情報機関に複数加盟している会社が増えてきています。また、貸金業法の改正により業者は全て、同一の信用情報機関に加盟することが義務付けられます

つまり今までよりもネガティブな情報が伝わる会社が増えてきています。系列を変えて申し込めば大丈夫というのは昔の話になっています。ここでも信用状況が大きく影響しますので、信用を失わないよう十分に気をつけましょう。


トラブル対応

トップ>キャッシングの審査基準 利用実績(他社)

サイトマップ