キャッシングの審査基準 勤務先・勤続年数

勤務先と勤続年数は収入の安定性を判断する最大の材料となります。

一般的に公務員、上場企業、医師・弁護士などの有資格者は安定職種とされています。その他の職種でも同一勤務先に長く勤めているほど安定性が高いと判断されます。

逆にアルバイト、派遣社員などは安定性の面で評価は低くなります。これは職業差別ではなく、あくまで収入の安定性を判断するための材料として区別しているだけですので、ご了承ください。

実際問題として最初に挙げた職種の方でも支払いにルーズなケースはたくさんありますので、勤務先だけで判断することはありません。一番大事な判断材料はやはり利用実績ということになります。


トラブル対応

トップ>キャッシングの審査基準 勤務先・勤続年数

サイトマップ