キャッシング張付き率

キャッシング審査用語としてキャッシング張付き率があります。

これはクレジットカードの利用状況でキャッシング利用枠を利用している率で、高いほど借入が多いことを表します。

クレジットカードのキャッシングを利用しているだけではマイナス評価にはなりませんが、キャッシング張付き率が高いレベルで維持されていると、返済のためのキャッシングを繰り返している恐れが高くなり、却下対象となります。

特にキャッシング申込審査では、キャッシング張付き率が高いのにさらにカードローンの申込があるということは、すでに自転車操業となっている可能性が高く、ほぼ却下されてしまいます。


トラブル対応

トップ>キャッシング張付き率

サイトマップ