自己破産

破産というのは自ら申し立てるのではなく、お金を貸している側(債権者)から申し立てるのが本来の姿です。

資産があるのに返済を行わない債務者に対して、債権者が破産を申し立てし、管財人が資産をすべて明らかにした上で債権者に配分するのです。

これに対して現在一般的となった自己破産は、ほとんど資産らしい資産がない債務者が手持ちの資産を処分することで、債務の免除を得るものです。一度自己破産を行い裁判所に認められると、10年間は自己破産ができなくなります(10年経てばできるという考えもあるでしょうが)。

現在の法律では破産者には思ったほどのデメリットはありません。官報に記載されますがあなたは官報を隅々までごらんになったことはありますか?選挙権はもちろんありますし、特殊な職業以外は職を失うこともありません。もちろん10年程度は借入やカードは使えなくなりますが、お金を貯めてから消費するという本来のやり方をしていくぶんにはなんら問題ありません。

しかし、連帯保証人がいる場合にはあなたが自己破産するとその人に請求がいくことになります。

基本的には、当然そのことは承諾した上で連帯保証人になっているはずですが、無理やり頼み込んだ場合には、気の毒なことになります。自己破産のメリットと人間関係を保つことのメリットを秤にかけてよく考える必要があります。そもそも人間関係を考えるのであれば、連帯保証人になったり、頼んだりすることは絶対にやめるべきですが。

自己破産制度は圧倒的に債務者に有利な制度といえます。自己破産を考える前に低金利の融資でまとめましょうという広告を見かけますが、融資でまとめられるレベルでは自己破産は考えませんし、審査が通るとも思えません。

自己破産は債権者には気の毒ですが、若くて資産がない場合の人生のリセット方法としては、良いのかもしれません。ある弁護士から聞いた言葉ですが「たかが借金」です。命をかけるほどのことではありません。


トラブル対応

トップ>自己破産

サイトマップ