民事調停

民事調停は支払いに関することだけではなく、離婚やその他の話し合いでも使われる制度です。つまり当事者同士では解決がつかない問題を、調停委員という第三者が間に入ることにより、折り合いをつける制度です。

家庭裁判所に申し立てを行いますが、借り入れ件数が少ない場合に個人で申し立てるケースが多い制度です。直接交渉する形となりますが、間に調停委員が入りますので手助けしてくれます。

しかし、相手方はプロなので、ある程度きちんと支払える根拠がない場合には、調整がつきにくいと思います。調停で決定したことは調書として裁判所の決定事項となりますので、守られない場合には強制執行が可能です。

借り入れ件数(会社の数)が多い場合には、交渉に時間がかかる上、話し合いの場は家庭裁判所になるので、勤務している場合は会社を休む必要があります。一度で終わることはありませんので、民事調停はあまり効率のよい方法ではありません。


トラブル対応

トップ>民事調停

サイトマップ