個人民事再生

個人の民事再生というのは破産と債務整理を足して2で割ったような制度です。

自宅などの資産がある場合自己破産では売却して債務に充当する必要がありますが、民事再生では住宅を残した上で、他の債権者との債務整理を行い債務金額を大幅に減らす(8割カット程度)制度です。申し立てるにはいろいろな条件をクリアする必要があり、個人で申し立てるのは困難で弁護士に依頼して行います。

自己破産では自宅などの不動産は処分しなければいけませんが、20万円以下の財産は処分しなくても良いことになっています。逆に民事再生では不動産は残す代わりに、生活に必要なものを除きほとんどの資産を処分しないと債権者の納得は得られません。

債権額の半分以上を持つ債権者の同意を得る必要があるので、条件がそろわないと成立はかなり難しいといえます。


トラブル対応

トップ>個人民事再生

サイトマップ