債務整理

債務整理は基本的には公的(裁判などで決められる)和解ではなく、言ってみれば私的な和解なので法律的には強制力はありません。

弁護士または司法書士に依頼し、債権者と交渉し、あなたが支払える金額の範囲内に返済金額を抑えてもらいます(債務整理はあなた個人で行うことは困難です)。

債権者にとっては不利な条件になることが多く(月々の支払額が少なく長期になるため)、全社が納得するまで時間がかかることや、まとまらないケースもあります。しかし、成立してしまうと基本的には支払う側に有利な条件になることが多く、支払いは楽になります。

具体的にはあなたが月々50,000円支払にまわせるとします。この50,000円を債権者がそれぞれ持つ債権額の比率で分けて支払います。例えば3社から借り入れしてそれぞれ50万、30万、20万の残高があれば、5:3:2の比率で50,000円を分けます。つまり、25,000円、15,000円、10,000円の支払いになります。

通常は10社以上に借り入れがある場合が多いため、1社あたりの支払いは月々数千円程度となります。これでは完済まで何十年もかかるケースが多いため、債権額は交渉によって減額することになります。

この交渉も10社以上となるため、個人ではとてもできないので、弁護士や司法書士に依頼することになります(依頼してしまうと督促はストップします)。

債務整理・無料相談/紀尾井町東法律事務所


トラブル対応

トップ>債務整理

サイトマップ