キャッシングにハマる原因 リボ払

キャッシングの支払い方法としては1回払とリボルビング払の2種類しかないのが通常ですが使い方を誤ると、どちらの支払い方法でもキャッシングにハマってしまう原因を作ることになります。ここではリボ払に関する注意点をまとめてみました。

リボ払はキャッシングから抜け出せなくなる危険性が高い支払い方法です。キャッシングに限らずクレジットカードのショッピングも同様です。

リボ払で一番注意しなくてはいけないのは支払元金の設定額です。残高に合わせてスライドする方式もありますが、可能な限り支払元金は高めに設定するほうが残高が減るのが早くなります。
給与所得の方はボーナス併用も利用すればより早く残高を減らすことができます。

支払元金を指定しないで自動設定にした場合は最低限度の支払額となりますので、支払いをするのは楽ですが残高が減らずに最終的に支払う金額は大きくなります。カード会社としては残高を減らさないほうが利益につながりますので、絶対に支払い元金の設定は最低限度にします。

みなさんはそれに合わせずに、自分で支払える金額から支払元金を設定するよう心がけましょう。

支払い方法は2種類と冒頭でお話しましたが、実はもうひとついつでも支払う方法があります。貸金業法では顧客からの支払いを拒否することができないと規定されていますので、いつでも元金を返済することが可能です。

ある程度まとまったお金がある場合には、たとえ一部でも元金に充当しましょう。それだけでも金利負担はかなり軽減されます。


トラブル対応

トップ>キャッシングにハマる原因 リボ払

サイトマップ