キャッシング悪徳業者の見分け方

もちろん当サイトでは優良業者しか紹介いたしませんが、知識として悪徳業者の見分け方と、その手口については覚えておいたほうがよいでしょう。

利息制限法の上限を超えた貸付をする業者が全て悪徳業者ではありません。一部上場の優良企業でも利息制限法の上限(20%)を超えて貸付を行っています。

利息制限法の上限はあくまで民法上の問題で、出資法の上限(29.2%)を超えた場合(2010年から20.0%)に刑事罰の対象となります。

従って29.2%を超えて貸付を行っている業者は刑事罰を覚悟で業務を行っている業者ですので、こういった業者から借りて遅れたらどうなるか想像がつくでしょう(業務停止になっても社名を変えて登録するつもりの業者が法律を守るわけがありません)。

出資法の制限を超えた貸付を行う業者は、広告にそのことを記載するでしょうか?むしろ金利が低いように表示をして誘うのが常套手段です。利息制限法もそうですが出資法では貸付金利の範囲は広く取られています。

どんな名称であっても顧客からもらうお金は金利としてみなされます。つまり事務手数料であっても利息とみなされます。

上場企業が上限金利の29.2%ちょうどの金利で利息を取らずに、高くても28%台で抑えている理由はここにあります(ちょうどに設定して事務手数料を1円でも取ったら業務停止となります)。


トラブル対応

トップ>キャッシング悪徳業者の見分け方

サイトマップ