キャッシング悪徳業者 広告を見ただけでわかる方法

お金を貸し付けることができる業者は、貸金業者としての登録が義務付けられています(銀行法が適用される金融機関を除く)。

登録の申請にはさまざまな提出書類があり、個人であれば業者の資産なども証明する必要があります。

闇金対策として固定電話の届出義務や、店舗の写真や所在を証明する書類も必要となります。これらを全てクリアして初めて登録番号が与えられ、3年間の業務が許可されます。業務を行う地域により、同一都道府県内であれば都道府県知事に、二つ以上の都道府県であれば財務局に届け出る必要があります。

登録番号は次の形式で付与されます。○○県知事(1)第00001号 3年後に更新が許可されると番号は(1)から(2)に変わります。つまり( )内の数字は登録・更新の回数を表します。(財務局の番号であれば業務の規模が大きいと判断できます)

この登録番号は広告を行うときには必ず表示しなければなりません。表示していない時点で貸金業法違反となります。つまり広告を見て登録番号を確認し( )内の数字が(1)であれば登録から3年以内で、まだ更新手続きをしていない業者ということになります。

(1)がすぐに悪徳業者ではありませんが、悪徳業者の場合は業法違反により更新できないケースがほとんどですので(2)以上になることはありません。登録を取り消された悪徳業者は会社名を変えて再度新規登録するので常に(1)のままです。(2)以上であればほぼ安心と言えるでしょう。

もうひとつ貸金業者は各都道府県の貸金業協会への加入を義務付けられています。優良業者は貸金業協会の加入番号も表示していますが、悪徳業者が協会へ加入することはほとんどないのでそこで判別することもできます。

表示金利の妥当性、貸金業登録番号の更新回数・貸金業協会への加入・・・・これらを確認することで悪徳業者かどうかの判別は簡単になります。


トラブル対応

トップ>キャッシング悪徳業者 広告を見ただけでわかる方法

サイトマップ