カード犯罪

カード犯罪というのは一般的にクレジットカードのショッピング部分を対象にして行われるものが多く、キャッシングをターゲットにしたカード犯罪は多くありません。

私が勤務していた間でもキャッシングが犯罪の対象になったケースは数えるほどしかありません(クレジットカードのセキュリティ担当をして、保険申請を数多く行っていましたが)。

基本的に暗証番号がわからないと悪用できないのが原因だと思います。無理やり暗証番号を知ろうとすればクレジットカードの持ち主と接触する必要があり、危険を犯すことになりますから。

キャッシングの悪用を未然に防ぐには暗証番号を他人に知られないようにすることが確実な方法です。昔はクレジットカードの磁気に暗証番号のデータが記録されていましたが、今は磁気データには記録されていないので、本体が盗まれても解読は不能です。

強制的に暗証番号を盗む方法として、銀行のATMにカメラを仕掛けたケースがありましたが、それでもカード本体が手元にある限りは悪用は困難でしょう。利用明細からカード番号を読み取り他のカードに転写して悪用する可能性も否定できませんが、利用明細は確実にシュレッダーにかけるか持ち帰れば防げるでしょう。

キャッシングに関してはこのように悪用の可能性は低いと思われますが、それだけに悪用された場合には暗証番号の管理が悪いということになり、クレジットカードの盗難保険の適用はないと考えたほうがよいでしょう。

カードローンなどキャッシング専用カードには保険自体ないものがほとんど(だから年会費がありません)ですから、なおさら気をつける必要があります。


トラブル対応

トップ>カード犯罪

サイトマップ