キャッシング悪徳業者の手口

◆紹介屋

低金利の広告で客を誘います。申し込むと信用力がないといわれ(低金利なので債務を一本化しようとして申し込む人が多い)、他社を紹介すると言い、他社から借りたお金の中から紹介料を取ります。
最近は紹介屋であることを隠すために、紹介料とは言わずに預かるだけといって最終的に逃げるパターンもあります。いずれにしてもストレートに借入できないばあいは悪徳業者であると思って間違いありません。

◆アルバイト

「消費者金融の実態調査」と称して、カードを作らせ借入をさせて一部を渡します。「後はカードもキャンセルし、請求も出ないようにする」といって安心させます。
「アルバイトを紹介すれば紹介料を払う」といってさらに騙す相手を口コミで増やします。一定期間は実際に返済を行いばれないようにしますが、ある程度だまし終えると、借りれるだけ借りていなくなります。請求書が届いて騙されたことに気がつきますが,本人が借りているのは間違いないので、立証が難しくなります。


トラブル対応

トップ>キャッシング悪徳業者の手口

サイトマップ