OMCカードの歴史

1950年  (株)丸興(月賦百貨店)設立。

1970年  東京証券取引所第1部に指定替え。

1975年  朝日クレジット(株)設立。

1978年  ダイエーメンバーズカードを発行。

1983年  (株)丸興と(株)ダイエーが資本を含む業務提携。

1984年  (株)丸興と朝日クレジット(株)が合併し(株)ダイエーファイナンス
の前身となる。

1987年
オレンジメンバーズカードをOMCカードと改称。
(株)ダイエーファイナンスに社名変更。

1988年  OMC(マスター)カード、OMC(VISA)カードを発行。

1993年
OMC(JCB)カードを発行
三和銀行とCD・ATMの提携。その後、都銀全行と提携。
1994年
(株)ダイエーファイナンス、リッカー(株)、(株)朝日トラベルエージェンシーの合併を発表。
(株)ダイエーオーエムシーが発足。

1999年
不正使用検知システム「ファルコン」を導入
電子商取引の第2期実験が神戸市でスタート
ETCカード募集スタート。

2000年  OMC郵貯ICカード発行

2001年
最先端の加盟店管理システム「ホークス」を導入
次世代のCRMセンター「Wing OMCオフィス」開設
途上与信管理システム「クローバー」運用開始

2002年
武蔵野女子大学と提携し、学生証とクレジットカードが一体化した 「武蔵野女子大学カード」を発行。
「株式会社オーエムシーカード」へ社名変更。
電子マネーEdy搭載の「多機能社員証ICカード」を発行

2003年
個人情報保護への取組みが評価され「プライバシーマーク」を取得
株式会社アイワイ・カード・サービスのクレジットカードの即時発行業務を開始
支払い自由形カード「Jiyu!da!(じゆうだ)」を発行

2004年  キャッシング7日間無料サービス「ゼロプラン」を開始

2005年  株式会社日本能率協会コンサルティングより、初のCS審査基準認定企業として認定。

2006年 7月  大栄商事を吸収合併


トラブル対応

トップ>OMCカードの歴史

サイトマップ